【プリコネR】キャラ評価〈サポーター編3〉

スポンサーリンク
プリンセスコネクト!Re:Dive

みなさん、こんばんわ!Zhuyuです!

先日から10月度のクランバトルが開催されてます!先月はネネカコッコロたん辺りが大活躍していましたが、今月はどうなるか楽しみですね!

今回のサポーター編3は、アリーナで重要なポジションのキャラが多い回となります!

では、始めていきます!

スポンサーリンク

ユカリ

中衛 アリーナ4点 クランバトル2点 総合3点

金遣いの荒いアキノ率いるギルド「メルクリウス財団」の経理を担当する。戦闘の実力もあり、仕事もできると基本的には有能な大人の女性といった感じだが、酒癖がかなり悪いという面がある。イベントでは町中の酒を飲み干した。なお、酒癖の悪さは本人も認めている模様。

性能としてはHP・TP回復を持つ、味方のサポートに特化したキャラ。スキル1は「最もHPが低い味方を回復+リジェネ+魔法防御アップ」というもの。シンプルな効果だが1番HPダメージを食らうであろうタンクに飛ぶことが多く、内容も回復、リジェネ、バフとかなりモリモリ。UBは「味方全体に魔法無効バリア展開」というもの。デバフの多くは魔法扱いなので、ダメージを防ぐと言うよりはデバフを無効できるのが大きい。スキル2は「最もTPが低い味方のTP回復」というもの。ユカリは初手でこのスキルを使うため、「最もTP低い味方は誰が対象になるのか」という疑問が出てくる。結論を言うと、「隊列によって誰に飛ぶかは決まっているが、そのパターンは無数にあり、完全解析はほぼ不可能」。しかし、「ユカリを2番手に配置すると、後ろから2番目のキャラに飛ぶ。」というパターンはわかりやすく、よく使用される。相手の隊列やアップデートによっても変わるため、狙って飛ばすのはかなり難しい。逆に使いこなすことができればアリーナでかなり脅威になる。

と、パーティーにユカリがいるだけで攻撃面、防御面ともに強力になる。ヒーラーという立ち位置だが本人の防御力、特に魔法防御はサブタンクを務められるほど硬い。星1のキャラの中でもかなり強いのでぜひ育てよう。

チカ

後衛 アリーナ2点 クランバトル3点 総合2.5点

歌で精霊を召喚する「召喚士」の女性。その歌声は素晴らしく、ノゾミ・ツムギとともにアイドルユニットを組んで日々活動している。プリコネでは唯一、スリーサイズが公開(ツムギに暴露)されている。気になる方は調べよう。

キャラとしては、物理パーティーのヒーラー兼バッファー。UBは「自身より前の味方全体を回復+最前に精霊を召喚」というもの。回復できる範囲は自身より前に限定されているが、チカ自体後衛の中でも後ろの方(チカより後ろに位置するのは水着マホマホユイユキキョウカハロウィンミサキハロウィンキョウカ7人)なので、そこまでデメリットとは言えない。また、召喚する精霊はシノブのドクロ親父などと同じ扱いで、攻撃を肩代わりしてくれる代わりに倒されると敵のTPを加速させてしまうので注意。スキル1は「最前の味方を中心に、範囲内の味方の物理攻撃力・クリティカルアップ+回復フィールド展開」という効果。物理アタッカーへの強力なバフ・回復になるスキルだが、バフの範囲は最前のキャラを中心にする関係上そこまで広いわけでないので、UBの範囲からも物理パーティーに組み込むのが吉。スキル2は「敵単体の物理攻撃力ダウン」というもの。対象は単体だが効果値は高いので対ボスに有効。総じて、アリーナよりクランバトルで活躍する性能。

モニカ

中衛 アリーナ4点 クランバトル1点 総合2.5点

自称軍人の少女。身長が低く、子供扱いされることを嫌う。普段は武人的な言動をしているが、たまに子供っぽい面が出ることも。元々は同じCygamesさんのゲーム「神撃のバハムート」のキャラクターなのだが、同じく社内コラボキャラのジータアリサと違ってプリコネのキャラとして扱われている模様。(例として、基本的にコラボキャラはギルド無所属なのだが、モニカはギルド「ヴァイスフリューゲル ランドソル支部」所属、ジータとアリサは無所属となっている。)

キャラ性能は、開幕時に味方全体に超強力なバフを付与して短期決戦を挑むといったキャラ。スキル1を開幕で1度だけ使用し、その後は通常攻撃とスキル2を繰り返す。そのスキル1が最大の特徴で、「味方全体の物理・魔法攻撃力、行動速度アップ」という効果。1waveに1回しか使用しない、効果時間が決まっている代わりにそのバフ値は尋常じゃないほど高い。物理・魔法両方のバフを持つためパーティーにを問わずに編成でき、行動速度バフに関しては約2倍ほど速くなるため、一気に攻め込むことができる強力なスキル。スキル2は「単体ダメージ+スタン」という効果。アリーナにおいてスタンは効果的な上、スキル1を一度しか使わない関係上高頻度で使用するのでスタンをばら撒ける。

UBはシンプルに範囲ダメージを与えるもの。威力も高くないがバフがメインなのでそこまで問題ではなく、ミツキなどと合わせると十分な火力にはなる。

短期決戦向きの能力からアリーナで活躍する反面、クランバトルでは「ボスキャラはスタンがほぼ効かない自身はサポーターなので火力は出せない長期戦になるためバフが切れる」などの要因が重なるためクランバトルは向いてない。

サレン

中衛 アリーナ4点 クランバトル3点 総合3.5点

サレンディア救護院」というギルド兼孤児院を営む。主人公たちもそこに住まわせてもらっているため出演頻度は高い。子供達のことを第一に考えており子供達もそんなサレンのことを母親のように慕っており「ママ・サレン」と呼ばれている(本人はあまり呼ばれるのは好きではないみたいだが)。

キャラとしては、自身の残りHPが低いほど威力が上昇する効果を持ったUB・スキル1を持っているのだが、最大の特徴はスキル2で、「1番近い味方のTPを回復」という効果。同じくTP供給を持つユカリユキと違い対象が完全に固定されるので使いやすい。プリコネにおいて配置はキャラごとに決まっているのだが、その配置が【ハロウィンシノブ アンナ サレン 水カオリ イリヤ】と、アリーナ革命を引き起こした者達のほぼ隣に位置する。これにより、彼女も歴代のアリーナ革命の良き相棒として君臨し続けた。UB・スキル1は上述の通り「範囲ダメージ+自身の残りHPが低いほど威力が上昇」という効果。一発逆転できるほど威力が上がるわけではないが、TP供給が最大の役割なのでおまけ程度。

マホ

後衛 アリーナ4点 クランバトル1点 総合2.5点

京都弁らしき言葉を使う。ギルドハウスには多くのぬいぐるみが置いてあり、マホマホ王国出身、主人公のことは「王子はん」と呼ぶなどなかなかに脳内お花畑メルヘンチックな女の子。

典型的なヒーラーキャラなのだが魔法防御・物理防御共にかなり高く、後衛の中でもかなり後ろの方なので最後尾を狙うハロウィンミヤコのUBを受けても平然としているほど。その硬さから、やっとの思いでタンクを倒したと思えば残り時間でマホが落とせずにタイムアップなんてことも多々ある。スキル1は「最もHPが低い味方を回復+物理防御アップ+リジェネ」という効果。回復量はかなり高く優秀なスキルだが8回に1回と頻度は低い。スキル2は「2番目の敵に暗闇付与」というシンプルなもの。暗闇状態になると目に見えて攻撃が外れるようになるため、2番目に配置されることが多い物理アタッカーには効果絶大。クウカなどの挑発持ちには吸われるので注意。UBは「味方全体の魔法攻撃力・物理防御力をアップ+TPを50回復」という効果。一見モリモリに見えるが各効果値は低く、残念な性能と言わざるを得ない。


以上になります!

来週までクランバトルの期間になります!当ブログの過去のキャラ評価も参考にしていただき、皆さん上位を目指して頑張りましょう!

過去のキャラ評価の記事はこちらからどうぞ!

【プリコネR】キャラ評価〈物理アタッカー編1〉

【プリコネR】キャラ評価〈物理アタッカー編2〉

【プリコネR】キャラ評価〈物理アタッカー編3〉

【プリコネR】キャラ評価〈物理アタッカー編4〉

【プリコネR】キャラ評価〈物理アタッカー編5〉

【プリコネR】キャラ評価〈物理アタッカー編6〉

【プリコネR】キャラ評価〈魔法アタッカー編1〉

【プリコネR】キャラ評価〈魔法アタッカー編2〉

【プリコネR】キャラ評価〈魔法アタッカー編3〉

【プリコネR】キャラ評価〈タンク編1〉

【プリコネR】キャラ評価〈タンク編2〉

【プリコネR】キャラ評価〈サポーター編1〉

【プリコネR】キャラ評価〈サポーター編2〉

ではでは、またまた〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました