【プリコネR】キャラ評価〈サポーター編6〉

スポンサーリンク
プリンセスコネクト!Re:Dive

みなさん、こんばんわ!Zhuyuです!

相変わらず虚無コネ期間が続いてますね…今週はルナの塔がくるのでまだマシでしょうが…

さて、前回のサポーター編5のアユミで恒常キャラは終了、今回のサポーター編6は限定キャラとなります!

では、ごゆっくりどうぞ!

スポンサーリンク

エミリア

後衛 アリーナ2点 クランバトル2点 総合2点

Re:ゼロから始める異世界生活」でメインヒロインを務めるコラボキャラ。レムに人気を若干奪われている間はあるものの、ヒロインとして高い人気を誇っている。スバルラムレム(とペテルギウス)とともにランドソルへと飛ばされるが、美食殿と協力して魔女教と戦う。パックの「生き別れの妹」というジョークもあり、同じ銀髪のエルフであるコッコロたんのことを非常に可愛がっている。意義なし。

キャラとしては、ヒーラー兼魔法アタッカーという性能。UBは「最もHPの低い味方のHP回復+味方全体の物理・魔法防御アップ」という効果。単体にはなるが回復量は高くほぼ全回復し、その後味方全体に防御バフをかけるためどんな場面でも使いやすいサポートUB。スキル1は「単体ダメージ+自身の魔法攻撃力アップ」という効果。定期的に使用するため、ほとんどバフが途切れることなく攻撃できる。ちなみにモーションはパックが出てきて攻撃してくれるというものになっている。かわいいスキル2は「範囲内の敵にランダムに単体ダメージ×4回」というもの。総火力はなかなか高いが、対象がランダムなためダメージが分散しやすいので、ボスに集中するクランバトルでは火力が活かせる。

UB、スキル共に使いやすく十分使えるキャラなのだが、アタッカーとしては水キャルキョウカ、ヒーラーとしてはニュイ水イオに劣るので、いかんせん器用貧乏感が否めないエミリアレム共に人気キャラなだけに残念に思ったユーザーも多いだろう。

ラム

中衛 アリーナ4点 クランバトル1点 総合2.5点

Re:ゼロから始める異世界生活」コラボキャラ。レムとは双子でこちらは姉となる。風魔法を得意とし、さらに千里眼という「ラムと波長の合う生物と視界を共有し、千里先まで見渡す。」特殊能力を持っている。

性能としては、風魔法と千里眼で火力を出しつつ相手の妨害をするキャラUBは「全体ダメージ+束縛」という効果。シンプルかつ強力な効果で、後述の自身のスキルやレムとの相性が良いがアリーナでピン差ししても十分に強いスキル1は「単体ダメージ+ノックバック」という効果なのだが、敵が行動不能状態だった場合さらにダメージ上昇・ノックバック距離アップになる。自身のUBで束縛にできるため恩恵は大きい。また、魔法キャラ唯一のノックバック効果持ちのスキル。スキル2は特殊な効果で、最も物理攻撃力が高い敵に状態異常を付与するのだが、その効果が「次の物理攻撃が必ず回避される状態」というもの。初手で使用かつ発動もそこそこ早いため場合によっては敵の開幕スキルも潰せる。また、物理攻撃をするまで千里眼は消えないため、バフなどを使われても確実に無効化できる。例のごとく挑発には吸われるため注意。

千里眼・束縛ともにボスにはほとんど効かずノックバックも限られるため主にアリーナで活躍する。また、勝利時にレムと隣り合っていると特殊モーションとなって超絶可愛いです

コッコロ(サマー)

中衛 アリーナ3点 クランバトル3点 総合3点

我らがコッコロたんの水着ver限定キャラ。UBの発動時カットインでは主人公を膝枕しているさすがに色々とやばい。まあ今に始まった事ではないのだが。

通常版と変わらず味方のサポートキャラなのだが、あちらは物理・魔法両方に対応していたがこちらは物理サポートに特化したUBは「最もHPの低い味方のHP回復」というもの。シンプルな効果だが回復量が高くほぼ全回復する。今でこそ上述のエミリアオーエドクウカなど超回復持ちが増えたが当初はコッコロたんが初であり、その回復量に多くの主様が目を丸くした。スキル1は「単体ダメージ+物理防御ダウン」という効果。頻度は低いがデバフ量は高く、マコトなどと編成すれば十分なデバフ量になる。また、通常コッコロたんと同じくスキル中は最前に出てくるため、UBを使えばスイッチしてタンク運用できるスキル2は「味方全体の物理攻撃力アップ」というもの。効果量・効果時間こそ低いが全体範囲のため恩恵は大きく、頻度はかなり高いため重ねがけもできる。

スズメ(サマー)

後衛 アリーナ2点 クランバトル2点 総合2点

スズメの水着ver限定キャラ。数少ない召喚持ちのキャラで、召喚と防御力バフを付与してパーティーを安定させる。

UBは「味方全体の物理・魔法防御アップ+リジェネ付与」という効果。バフをかけつつ回復できるが、継続回復であるため即効性はないので注意。スキル1は「自身の前にぷちゴーレム召喚+最前の味方の周囲に物理・魔法防御アップフィールド展開」という効果。ぷちゴーレムは目の前に召喚した後、前線に向かって移動するため壁として使える上に他の召喚キャラと違い耐久力が高く、アタッカーのスキル1発程度なら余裕で耐える。もちろん他の召喚キャラと同じく倒されると敵のTPは加速されるため注意。スズメ自身のレベル・星をあげればゴーレムの耐久力も上がる。スキル2は「最前の味方を中心に範囲の味方の魔法防御アップ」というもの。対魔法パーティーには有効だが、地味感は否めない。

パーティーの生存率を上げてくれるキャラだが、ライバルとしてニュイが強力すぎるためイマイチ輝けずにいる。耐久力の高いゴーレムを召喚して盾にできるというオリジナリティは持っているので、そこで差別化ができるかどうか。

イオ(サマー)

後衛 アリーナ4点 クランバトル3点 総合3.5点

イオの水着ver限定キャラ。一応プリコネは全年齢対象のゲームなのだが流石に刺激が強すぎるような…。ちなみに某猫と同じく泳げない。キャラとしては回復しつつ攻撃もこなすどこぞの効率厨さん涙目な性能UBは「敵全体ダメージ+味方全体のHP回復」という効果。全体回復持ちヒーラーであるユイミサトにも劣らない回復量を誇り、火力こそ高くはないものの全体攻撃と全体回復を両立できる強力なUBスキル1は「範囲ダメージ+最もHPの低い味方のHP回復」という効果。また「範囲内の敵が多いほど回復量が増える」効果も持っており、こちらも十分な回復量を持つため攻撃と回復を両立できる。スキル2は「範囲ダメージ+魔法防御ダウン」というもの。デバフ値は高くはないが自身も範囲攻撃持ちのため火力アップに繋がる。

火力はそこまでではないものの攻撃しつつ回復ができ、回復量も十分なため器用貧乏にならず活躍ができる。アリーナで防衛パーティーに編成しておけばデバフを撒きながら魔法防御の低い物理アタッカーを殲滅しつつ回復するため大活躍が見込める。また、後衛かつ防御力も高いため範囲攻撃に巻き込まれても安心してヒーラーを任せられる。

サレン(サマー)

中衛 アリーナ4点 クランバトル4点 総合4点

サレンの水着ver限定キャラ。イラスト自体は2018年のイベント時に登場していたのだが、実装されたのは1年後の2019年になった。性能としては攻撃面を捨てて味方のバフに特化したキャラ

最大の特徴であるスキル1は「味方全体のTP回復」という効果なのだが、モニカなどと同じく開幕に一度のみ使用する代わりに味方全体のTPをゲージの約半分回復する。という中々にぶっ壊れた効果であり、強力なUBを素早く使用することで短期決戦を挑める。UBは「味方全体の物理・魔法攻撃力、行動速度アップ」という効果。物理・魔法問わず編成でき、行動速度アップの効果もモニカのスキル1と同じくらい速くなるためかなり強力。ただし効果時間は短いので注意。スキル2は「味方全体の物理・魔法攻撃力、物理・魔法クリティカルアップ」というもの。クリティカルをアップさせる珍しいスキル。スキル1が開幕のみの関係上頻度は高いがバフ量は低い。

このゲームにおいて必殺技ゲージとも言えるTPゲージを開幕に半分、しかも味方全体に付与するため短期決戦のアリーナではもちろん、長期決戦のクランバトルでもTP付与後にスキル2・UBで物魔問わずバフがかけれるため両方で広く活躍している。


以上になります!

物理アタッカー編1を投稿したのが2019/8/22になるのですが、その時点で実装されていた全キャラの評価はこのサポーター編6にて終了しました!いつも見てくださっている方には感謝しかありません!ありがとうございます!

個人的には一旦一区切りとなりますが、ネネカを始め星6キャラも多く実装されているのでこれからもキャラ評価の方続けさせていただきます!

過去のキャラ評価も載せておきますのでこちらからどうぞ!

【プリコネR】キャラ評価〈物理アタッカー編1〉

【プリコネR】キャラ評価〈物理アタッカー編2〉

【プリコネR】キャラ評価〈物理アタッカー編3〉

【プリコネR】キャラ評価〈物理アタッカー編4〉

【プリコネR】キャラ評価〈物理アタッカー編5〉

【プリコネR】キャラ評価〈物理アタッカー編6〉

【プリコネR】キャラ評価〈魔法アタッカー編1〉

【プリコネR】キャラ評価〈魔法アタッカー編2〉

【プリコネR】キャラ評価〈魔法アタッカー編3〉

【プリコネR】キャラ評価〈タンク編1〉

【プリコネR】キャラ評価〈タンク編2〉

【プリコネR】キャラ評価〈サポーター編1〉

【プリコネR】キャラ評価〈サポーター編2〉

【プリコネR】キャラ評価〈サポーター編3〉

【プリコネR】キャラ評価〈サポーター編4〉

【プリコネR】キャラ評価〈サポーター編5〉

ではでは、またまた〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました