暖房、冷房の適正温度!快適に過ごす方法とは!

スポンサーリンク
ライフ

みなさん、こんばんわ!Zhuyuです!

近頃、本格的に寒くなってきましたね…いよいよ冬が到来した感がありますね。みなさんも知っている通り日本は発展している国なので、快適に過ごす方法としてエアコンという文明の利器があります。ただし、使用するには電気代がかかるので最大・最低温度で四六時中起動させるわけにもいきません。ということで、当記事ではタイトルの通り夏・冬のエアコンの適正温度と快適に過ごす方法を書いていきます!

適正温度

早速ですが、エアコンの適正温度は夏場の冷房は20℃冬場の暖房は28となります!

この温度は環境省が推奨している温度であり、また、温度を1℃緩和することで約10%の電気量削減となります。

出典:環境省HP

ただし、この温度は温暖化や人体に配慮した適正温度というだけであり、決して快適に過ごせる温度ではありません。そのため、その日の気温や人によって暑い/寒いと感じるでしょう。この時すぐにエアコンの設定温度を変えるのではなく、夏はクールビズに代表されるような軽装だったり冷感グッズ、冬はシャツの下にヒートテックを着たり防寒グッズで対策をすることが大切です。

自動運転

それぞれの家庭のエアコンにもよりますが、大体のエアコンには自動運転という機能があります。(筆者の家のエアコンは「快適エコ自動」という似た機能があります)

エアコンを最大威力で運転するとすぐに設定温度に到達しますが、到達後もそのまま最大威力にしておいてしまうとその分多くの電気代がかかってしまいます。逆に、弱風で運転しても設定温度に到達するまでに時間がかかり、逆に電気代がかかってしまいます。

もちろん自分で切り替えればいい話ですが、自動運転にしておくことで適温になるまでは最大威力、その後は自動で弱風や送風に切り替えてくれるので自動運転にすることをお勧めします!

快適に過ごす方法

快適に過ごす方法としてエアコンと一緒にサーキュレーターを使用する方法があります。

似ていますが扇風機とは別物で、扇風機は人を直接涼しくするために広範囲に緩やかな風を出すものであり、サーキュレーターは空気を循環させるために直線的な強い風を出すものとなります。

暖かい空気は上に上がる性質のため天井に溜まり、逆に冷たい空気は下に下がる性質があるため床付近に溜まります。そのため、適正温度にはなってるはずなのに暑い/寒いと感じてしまいます。

サーキュレーターをエアコンと併用して空気を循環させることで暖かい空気が下に、冷たい空気が上に行くことでより快適に過ごすことができます。また、エアコンと比べてサーキュレーターは消費電力が少ないので、電気代も安くすることができます。

まとめ

暖房の適正温度は20℃、冷房の適正温度は28℃となります。とはいえ、この適正温度はあくまで推奨となるのでどうしても暑い/寒い場合は素直に温度を上下させて快適に過ごしましょう。

サーキュレーターに関しては元々筆者もあまり意味があるとは思えない側の人間だったのですが、実際使ってみると体感温度が本当に変わったので特にオススメします!

ライフ
スポンサーリンク
Zhuyuの呟きコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました